✩*⋆miracle of love⋆*✩

ゆとり日本人妻×ミレニアル英国人夫が初めての出産・育児に奮闘する軌跡

ご報告✳︎°〜緊急帝王切開で誕生した我が子〜

ブログの更新が止まっておりましたが、無事に先週、3,306gの元気な男の子をついに出産しました。 結論から言えば、出産は私の想像をはるかに超えていました。 予定日が来れば陣痛が普通に起こって、自然分娩で生まれてくるとばかり思っていたのです。 しかし…

絵本がコンセプト!知的好奇心が旺盛なママにおすすめの雑誌『kodomoe』

とうとう妊娠38週目に入り、予定日まで残り2週間となりました。 臨月に入ってから、今までに増して頻尿になったり、恥骨痛や腰痛で歩くのが大変になったりと身体の変化もあり、いよいよ出産が間近なのだと実感しています。 もうすぐ赤ちゃんに会えるのがとて…

ついにベビーカー購入!サイベックス EEZY S TWISTに決めた理由【ベビーカー選び#2】

いよいよ臨月に突入し、出産予定日まで残り1ヶ月をきりました。毎日、ベビー用品や出産準備品を買うためにあっちこっち出かけており、ようやく出産までに必要なものが揃いつつあります。 それにしても、世の中のベビー用品の選択肢が多すぎて、赤ちゃんは至…

イギリス版『コウノドリ』に感涙!妊婦さんやママさんにおすすめの英国ドラマ

里帰り中の今、私が楽しんでいることの一つが海外ドラマ鑑賞です。 海外ドラマはシーズン数やエピソード数が多く、産後はゆっくりとまとめて見る時間もないと思うので、妊娠中の息抜きにおすすめです。 『コール・ザ・ミッドワイフ ロンドン助産婦物語』 あ…

夫婦円満でいるために出産前に知っておきたい!産後クライシスの症状と予防策

Designed by Yanalya 先週末、妊娠33週目から里帰り出産に向けて実家でお世話になり始めました。夫は、仕事があるので東京に戻ってしまいとても寂しいですが、久しぶりに家族全員が揃うのは高校時代ぶりで不思議な感覚です。 家族も私の体調に気を使ってくれ…

ブリジットジョーンズだけじゃない!カルチャーもスラングも楽しめるイギリスのラブコメ小説

Designed by Freepik 妊娠中は、とにかく読書に没頭している私ですが、もともと読書は大好きで、これまで英語の勉強のために洋書もたくさん読んできました。 夫との出会いがきっかけで、イギリスのカルチャーやスラングを気軽に知りたいとイギリスが舞台の洋…

里帰り直前に気が付いた!最高なパパとママの関係でいるためのたった一つの大切なこと

Designed by Prostooleh お陰さまで妊娠32週目(9ヶ月)に突入した先週は、東京で最後の妊婦健診を終えて、今週末、いよいよ里帰り出産に向けて実家へ帰省します。 里帰りが近づくにつれて、荷作りやベビー部屋の模様替え、掃除や夫と過ごす時間を楽しんだり…

日英ベビーカー事情に学ぶ!理想の一台を選ぶヒント【ベビーカー探し#1】

Designed by Senivpetro 私は今まですれ違うベビーカーを特に意識したことがなく、『正直言ってどれも同じでしょ?』なんて思っていました。 しかし、いざ自分が数か月後に必要になるときたら、もう街中で見かけるベビーカーが気になり始めてしまうものです…

ブログ始めたい方必見【アメブロ・Wordpress・はてなブログ】経験者の私が語るメリット・デメリット

はてなブログをはじめてみて、今のところ使い勝手の良さに満足しています。 今まで私はアメブロとWordpressでもブログを持っていましたが、結局はてブに落ち着いたので、今日はその理由についてお話できたらと思います。 アメブロ・Wordpress・はてなブログ…

マタ旅にも記念日旅行にも!フランスのプロヴァンスをモチーフにした素敵な山梨のホテル

先週、妊娠30週目に入ったときに夫と出産前最後の国内旅行に行ってきました。 今回は、夫がどうしても富士山登頂に挑戦したいとのことで、場所は山梨県の富士河口湖。 妊娠7カ月目の時のマタニティ旅行でも山梨県の星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳へ行ってきた…

こんなに違う!イギリスと日本の出産事情を比べてみて見えたこと

Designed by Pressfoto 義母やイギリス人ママの友達と会話していると、日本とイギリスの妊娠・出産事情の違いに驚きます。それぞれの医療制度の違いや出産に対する価値観の違いにより、異なる点が多いことに気づかされるのです。 国際結婚等で、イギリスでの…

育児書とは一味違う!笑いあり涙あり。ママたちの共感を呼ぶ妊娠・出産エッセイ本3冊

Designed by Freepik 妊娠後期に入り、お腹の子に会えるという楽しみと同時に、出産や育児に対する漠然とした不安は常に付きまとっています。 そんな時に、意外と背中を押してくれる存在。それは、きらきらとしたマタニティ雑誌でもなく、まるでお手本となる…