✩*⋆miracle of love⋆*✩

ゆとり日本人妻×ミレニアル英国人夫が初めての出産・育児に奮闘する軌跡

胎教におすすめ!今週出会ったおすすめの絵本3冊

妊娠28週目に入りいよいよ8ヶ月目に入る手前にきて、胎動をより一層はっきりと感じる時間が多くなりました。

赤ちゃんは、妊娠5ヶ月で視覚・聴覚が発達し耳が聞こえるようになり、お腹の中で母親の声や父親の声を認識していると言われています。

もう私の声やパパの声を聞いていると思うと、何か今のうちからおちびとコミュニケーションを取りたいなぁと思い、胎教を行うことにしました。

 

胎教とは

 妊婦が精神的安定に努めて、胎児によい影響を与えようとすること。

(引用 goo国語辞典)

 

胎教という形で赤ちゃんとコミュニケーションをとることで誕生後も赤ちゃんの気持ちがよくわかるようになり、子育てが楽しくなるという利点があるので私がお世話になっている産婦人科では胎教を薦めているそうです。

 

胎教には、主に4つの方法があります。

  • 語りかけ・・・お腹の赤ちゃんに優しく話しかけること
  • 読み聞かせ・・・歌を歌ったり、本を読んだりする
  • キックゲーム・・・赤ちゃんがお腹を蹴ったら、その場所を「キック」と言ってポンとたたく
  • 音楽を聴く・・・心地よい音楽を聴き、心を穏やかにする

 

 お腹の中の赤ちゃんに語りかけ・読み聞かせを行うときのポイント

  1. ゆっくり、明るく、はっきりと話しかける。
  2. イメージを描きながら話しかける。
  3. プラスの言葉をたくさんかける
  4. 愛情を持って、感情を込め、優しく丁寧に話しかける。
  5. ニックネームをつけてあげる。
  6. 赤ちゃんの周りの人も話しかけてみる。
  7. 赤ちゃんができることをお願いしてみる。(「元気で生まれてきてね。」)
  8. 知識を詰め込みすぎないようにする。
  9. 胎動があり、赤ちゃんが起きているときに行う。 

(参考 七田式 Maternity Life)

 

胎教におすすめの3冊

私もお腹の中のおちびとコミュニケーションをとっておきたいと思い、今までは語りかけや、キックゲームを中心に行っていましたが、仕事を退職してから比較的時間にゆとりができたので、図書館で定期的に絵本を借りることにしました。

本日は、今週選んだ素敵な絵本を3冊紹介します。

f:id:miracle-of-love:20180813130128j:plain

 

『あなたがだいすき』

あなたがだいすき

あなたがだいすき

  • 作者: ロビンクルーズ,マーガレットチォドス‐アーヴァイン,Robin Cruise,Margaret Chodos‐Irvine,木坂涼
  • 出版社/メーカー: コンセル
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 大型本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 ママやパパがこどものことをどれだけ愛しているかを伝えるのに最適な絵本。

絵本の中には「だいすき」という言葉がたくさん出てきて、この言葉を気持ちを込めて発するたびに幸せな気持ちになります。何度でも伝えたいこの特別な言葉を気持ちを込めて聞かせてあげてください。

 

同じタイトルですが、別の作家さんの絵本も見つけました。

こちらも優しい雰囲気のタッチの絵でレビューも良く大変人気なので、今度探してみようと思います。

あなたがだいすき

あなたがだいすき

 

 

 『こんにちは あかちゃん』

こんにちは あかちゃん (福音館の単行本)

こんにちは あかちゃん (福音館の単行本)

 

 この絵本のいいところは、『あかちゃん、あなたは〇〇かな?』というように、あかちゃんに語りかけるような文章なので、読み聞かせにぴったりなところです。

私は、『あかちゃん』の部分を胎児のニックネームに代えて読んでいます。すると、自然と愛情が湧いてきて読むことが楽しくなります。この絵本の中には、たくさんの動物たちが登場するので、いろいろな動物の絵を見ながら鳴き声を真似したりして、生まれた後の赤ちゃんにも楽しく読み聞かせができそうです。

 

『どんなにきみがすきだかあててごらん』

どんなにきみがすきだかあててごらん (児童図書館・絵本の部屋)

どんなにきみがすきだかあててごらん (児童図書館・絵本の部屋)

  • 作者: サムマクブラットニィ,アニタジェラーム,Sam McBratney,Anita Jeram,小川仁央
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 1995/10/01
  • メディア: 大型本
  • 購入: 7人 クリック: 56回
  • この商品を含むブログ (35件) を見る
 

この絵本は、世界中で愛される 言わずと知れた大ベストセラー本です。

仲良しのチビウサギとデカウサギがどんなに相手が好きだか言い合うのですが、その掛け合いが、腕を広げたり、背伸びしたり、飛び跳ねたりとほのぼのとしていて、とても愛おしくなります。私もウサギさんのように「どんなにきみがすきか、わかるかい?」とお腹に向かって話しかけるのが楽しいです。生まれてきた後も、ずっと聞いてしまいそうです。うちの子だったら、どんな表現をして答えてくれるんだろう。そんなワクワクした気持ちになります。

 

もともとこの絵本の存在は知っていたのですが、この絵本には四季のおはなし(全4冊セット)もあります。近所の図書館には「ふゆのおはなし」バージョンしかなかったのですが、オリジナルの絵本の延長で季節のおはなしバージョンも可愛らしくてほっこりする内容だと思うので、今後見かけたら読んでみようと思います。

 

どんなにきみがすきだかあててごらん四季のおはなし(全4冊セット)

どんなにきみがすきだかあててごらん四季のおはなし(全4冊セット)

 

 

まとめ

 胎教は、ママとお腹の中の赤ちゃんが心を通わせることができる大事な時間。胎教を行うことで、ママも心身ともにリラックスすれば、きっと生まれてくる赤ちゃんにも良い影響になると思います。まだまだ、気になる絵本がたくさんあるので今後もできる限り読み聞かせは行っていこうと思います。