✩*⋆miracle of love⋆*✩

ゆとり日本人妻×ミレニアル英国人夫が初めての出産・育児に奮闘する軌跡

私が妊娠中期に困ったマイナートラブルと対処法

f:id:miracle-of-love:20180815100511j:plain

今日は妊娠27週最終日で、明日からいよいよ8ヶ月目に入り妊娠後期に突入します。

 

長くて辛いつわりが明けた日の解放されたような喜びから始まり、つわり明けの次なる不調の日々、職場で妊娠を発表して同僚たちにたくさんの温かい言葉をいただいた思い出、そして退社。

長いようであっという間だった妊娠中期が無事に過ぎてくれることに安堵と同時に、いろいろなことを思い出して、ちょっぴり寂しくもあります。

妊娠中期は安定期とは言われていますが、実際は身体の不調に戸惑ってばかりでした。

今日は、妊娠中期に体調面の不調にはどんなことがあったかをまとめます。

 

 

【妊娠中期】一難去ってまた一難。辛いつわり明けからの新たな不調

 

私の妊娠初期は、7週目あたりから始まった吐きつわりや食べつわり、眠りつわりに耐える壮絶な戦いの日々でしたが、妊娠5か月目に入ってからは徐々にそういった辛いつわりからは解放され始めました。

しかし、つわりが明けたのもつかの間で次はそれまでとは異なったマイナートラブルに悩まされる連続でした。

 

肌トラブル①吹き出物

一つ目にやってきたのが肌トラブルです。私はもともと普通肌で、肌のトラブルとは無縁の体質だったのが妊娠してからは体質が激変してしまいました。

まず、妊娠によるホルモンバランスの変化が影響して吹き出物がフェイスラインから首にかけてポツポツ増え始めました。そこで、それまで使用していた基礎化粧品はすべて使用を中止して、敏感肌用の低刺激のローションに切り替えた結果、少しずつ状態が改善していきました。

 

 

肌トラブル②妊娠性皮膚掻痒症

吹き出物と同時に全身の肌がかゆくてたまらない状態になりました。

特にお風呂に入った時や、就寝時など身体が熱くなるとかゆみが増して耐えられません。背中やデコルテ、腕や足といったいたるところがかゆくなり、我慢できずに掻いてしまい傷ができてしまうことの繰り返しでした。(なぜかお腹だけはきれい)

 

それに加えて最悪なことに、今年の猛暑で下着が当たってる部位などのかゆみは強まっていくばかりで、気が付けば無意識のうちに掻きむしってしまうことも…。

 

それを見かねた夫は、私が身体を無意識的に掻きむしりそうな素振りをした時にいつも「Dont scratch!」とか「NO!」と注意してくれるようになりました。英語で言った方が威厳があるからだそう。本人は、傷が痕に残るといけないからと親切心で叱ってくれるのでありがたいです。

 

産婦人科の先生によると、これは妊娠性皮膚掻痒症と呼ばれる症状で妊娠すると発症する湿疹のようなもので、出産後には治るということでしたが出産までこのかゆみに耐えるのは辛すぎるため、保湿ローションとかゆみ止めを処方してもらいました。

 

家でできる対処法としては、衣類を肌に優しいガーゼ類にしたり、シャワーの温度を下げたり、就寝時に寝床に保冷剤を準備しておき、かゆみが出た部位にあてると一時的に治まりました。

 

現在は、かゆみのピークは過ぎましたが完全には治まっていないので引き続き出産まで戦うつもりです。

 

軽い胃もたれ

 つわりの時のような、吐き気は治まりましたがお腹の中の赤ちゃんによって胃が圧迫されているからか、たくさんの量のごはんが食べられません。

妊娠中は、食欲が増して体重管理が難しいとは聞いていましたが、私の場合はむしろ体重が増えないので良いことなのかも…と前向きに捉えています。

あまりにもたくさんの量を食べてしまうと、食後に軽く胃もたれに苦しむことになるので、なるべく少量で数回に分けるなどして工夫しています。

 

寝不足気味になる

妊娠初期の頃は、眠りつわりで寝ても寝ても眠たい日々だったのが、妊娠中期になるとまとまって眠れる日が少なくなりました。

 

毎日ではないですが、夜眠れる日と眠れない日と日によって違いますが、数時間おきに真夜中に頻尿で目が覚めてしまいます。

子宮が大きくなることによって膀胱が圧迫されることが原因なので仕方がないことですが、眠る直前はできるだけ水分は控えめにしています。

 

あとは、胎動がどんどん激しくなっていくので気になって起きてしまうのです。胎動を感じられることは幸せなことなのですが、それが原因で眠れないことも…。

 

他に、寝不足気味になる原因としては、身体が赤ちゃんがいる出産後の生活に慣れるためだという意見も聞いたことがありますが本当かどうかはわかりません。

 

まだまだある、こんな不調

あとは、妊娠後期に向けてお腹がどんどん大きくなるので、妊娠前は普通に歩いていた距離を歩いただけで息切れを起こしてしまったり、涙もろくなったり、朝にこむら返り(足のひきつり)を起こしてしまうなど、様々なマイナートラブルに悩んでいます。

 

こむら返りの対処法としては、着圧タイツを履いて寝たり、入浴後に足指や足首を回してふくらはぎをよく揉んでストレッチをすることでマシになりました。

 

まとめ 

 初めての妊娠で、妊娠する前は想像もしていなかった不調の日々に戸惑ってばかりいましたが、それと同時に妊娠中は自分一人だけの身体ではないということを認識できて、より一層お腹の赤ちゃんのことを大切にしなくてはならないと実感できる貴重な時間なので、これから迎える後期も出産に向けて上手く不調と向き合いながらリラックスして過ごしたいと思います。