✩*⋆miracle of love⋆*✩

ゆとり日本人妻×ミレニアル英国人夫が初めての出産・育児に奮闘する軌跡

夫とのデートにパーマも?プレママが妊娠後期にやっておきたいこと10選

f:id:miracle-of-love:20180831124508j:plain

Designed by prostooleh

妊娠後期に入り、私のマタニティライフも残り2か月ちょっととなりました。

つまり、夫と2人だけの生活も残り2カ月!

出会ってから8年近くになるのに、それでも残り少しで2人だけの生活が一変すると思うと、なんだか不思議でもあります。

夫は、もう私が子どもにだけしか興味をもたなくなるのではないかと心配するような発言を繰り返しています。

 

今日は、お腹に赤ちゃんがいる間にやっておきたいことリストを作成してみました。私だけじゃなくて、他の妊婦さんの役に立ってもらえたらと思います。

 

プレママさんが妊娠後期にやっておきたいこと10選

□夫婦2人でしか行けないような場所で食事をする!

世の先輩ママたちが声をそろえて妊娠しているうちに夫婦だけでしか行けない場所で食事をすることを強く勧めてくれます。

 

例えば、カウンターしかないお店であったり、子ども連れを禁止しているようなドレスコードがあるレストラン、2人にとって思い出のレストランなどはいかかでしょう。

産後は、赤ちゃん中心の生活だからこそ、今のうちにちょっとおしゃれして夫にエスコートしてもらって‥なんて恋人同士に戻ったような気持ちを取り戻すのも素敵な思い出になりそうです。

f:id:miracle-of-love:20180831130811j:plain

 

□夫婦2人で旅行する!

食事をすることも充分思い出作りになりますが、私たちの場合は旅行も大切な思い出になりました。

付き合い始めてからも、夫とは海外旅行や国内旅行でいろいろな場所へ行ったのですが、妊娠してからの旅行はお腹の子がいるという特別なシチュエーションで、産後のことを2人でのんびり回想したりと今までとは違った旅行となりました。

 

私は夫婦2人というより、これは3人の家族旅行だと考えると幸せな気持ちになりました。

 

マタニティプランと言って、客室に露天風呂付であったり、施設によっては妊婦さんに配慮した食事プランを設けている場所もあるので、そういったプランにすると旅先でも安心です。

 

◆マタニティ旅行をするにあたっての注意点◆

  • しっかりと自身の体調と相談する
  • 旅先への交通手段など無理のない範囲で選定
  • 母子手帳は必ず持参
  • 万が一に備えて旅行先の病院をチェックしておく
  • ゆっくりめのスケジュールにする

私が妊娠7カ月目に行ってきたマタニティ旅行のレポート記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 □映画館で映画鑑賞

産後はゆっくり映画を鑑賞する時間もしばらくはとれないので、ゆっくり映画を観ることも楽しんでおきたいことの一つです。

子どもができると、おそらく今後は子供向けのアニメ映画を観ることの方が多くなるので、今のうちにラブロマンス系やサスペンスなどのジャンルを観ておきたいな~なんて思っています。

しかしながら、私たち夫婦は実はアニメ大好き夫婦なので普段から録画したアニメを一緒に観たりして楽しんでいます。

なので、私の場合は映画館でアニメではない大人向けの邦画や洋画を一人でゆっくり鑑賞しておきたいと思っています。

日本のアニメ大好き~

 

□美容院に行く

産後は、バタバタした生活になりゆっくり美容院に行く時間はとれないので、今のうちに美容院に行っておくことをお勧めします。

私は先日、思い切って15センチほど髪を切ってロングからミディアムヘアになりました。

ロングヘアだと髪を乾かしたりセットするのに時間がかかりそうなので、とにかくお手入れが楽になるような髪形を美容師さんに相談しました。

もともとうねりがあるクセっけな髪質なので、根本からストレートパーマをかけ、毛先にワンカールのパーマをあてて、計3時間半近くかかってしまいました!

 

妊娠中にカラーリングやパーマをしても胎児に影響があるのか心配になる方もいらっしゃると思いますが、一般的にカラーリング剤やパーマ剤が胎児に良くないというわけではなく、妊婦さんが同じ姿勢で施術を受けることに負担がかかってしまったり、ストレスを感じてしまう場合が懸念されています。施術を受けるときは、その日の体調ともよく相談してくださいね。

 

産後直後にこんな時間がとれないと思うと今のうちに美容院に行っておいて良かった。

 

□歯医者に行っておく

妊娠中は、ホルモンの変化の影響で口内のトラブルが起きやすいそうです。

私の周りでは、妊娠中に虫歯になったなんて人もいます。妊婦さんなら無料で受けられる区から配布される歯科検診受診票も利用できると思うので妊娠中に一度歯の定期検診を受けて、問題があれば早めに処置しておいた方がいいと思います。

f:id:miracle-of-love:20180831125017j:plain

 

□読書を堪能する

私の場合、もともと読書は好きなのですが、仕事を退職してから自由な時間が増えたので、妊娠してからも読書にあてる時間がかなり増えました。

 

妊婦さんにお勧めのジャンルとしては、育児・幼児教育本、絵本、料理本、妊娠・出産にまつわる小説などです。

 

育児本に関しては、今後の子育てのイメージトレーニングにもなり、私の場合は育児書に書いてあることを忘れないようにブログでレビューするのが最近の日課になっています。日本の育児書だけではなく、海外の幼児教育本なども読んでみると視野が広がって面白いと思いました。

絵本は、胎教にもなりますし、赤ちゃんに語り掛けながら読むことによってリラックスすることができます。

 

読書を楽しむためには、図書館の利用をおすすめします。たくさんの育児書はもとより、妊婦向けのレシピ本や出産・育児に関する小説などが揃っているので妊娠してからは私のお気に入りスポットになりました。

f:id:miracle-of-love:20180831130115j:plain

 

□日用品のストックをそろえておく

現実的な話にはなりますが、ベビー用品の準備に気を取られて忘れがちなのが、日用品のストック。洗濯洗剤、食器洗剤、柔軟剤にシャンプーなどなど、今のうちにストックしておくことで産後に慌てて買いに行かなくて済みそうです。

 

□家の掃除・断捨離

家の中の掃除や断捨離も、産後に赤ちゃんが清潔に生活できるように少しずつ進めておきたいことの一つです。

私の友人である先輩ママは、妊娠中に家の掃除に没頭し動き回った結果、予定日より一週間も早い出産だったそうです。

赤ちゃんの部屋にはベビーグッズや家具も配置することになるので、今のうちに不要なものを断捨離しておく方が適切です。

産後は赤ちゃんから目が離せなくなるので、赤ちゃんに危険が及ばないように部屋を模様替えするなどインテリアにも工夫が必要です。

 

□母親学級・両親学級などのレッスンへの参加

特に初産婦の場合は、初めての出産に不安はつきものです。お産の時のイメージをできるだけつかむためにも、母親学級や両親学級に参加することで少しでも不安材料を減らしておきたいと思います。

例えば、後期の母親学級ではお産の時に必要な呼吸法を練習したり、妊婦体操を指導してくれる教室もあります。

両親学級では、立ち合い分娩に向けて夫婦2人で呼吸法を練習したり、赤ちゃんの沐浴指導なども提供してもらえることもあるので、夫婦で産後のイメージトレーニングをするきっかけになりそうです。

 

□里帰り前に!夫に引き継ぎ

私の場合は、里帰り出産の予定なので、数カ月夫とは離れて生活することになります。その間に、夫にお願いしておきたいことをリストにして渡しておこうと思っています。

例えば、ゴミ出しのスケジュールやキッチンの調味料の場所やストック、出産予定日が近づいた時の流れなどなど、今から夫婦で打ち合わせしておくつもりです。

ま‥まかせて!

 

まとめ

こうやって妊娠後期にやりたいことを記事にしながら、私自身が残りのマタニティライフをどんな風に過ごすべきか整理することができ、まだ達成できていないこともいくつかあるので、リストにすることは大切だなぁと改めて感じました。

他に挙げるとしたら、妊婦さんによっては資格の勉強をするマタニティヨガをする赤ちゃん用品を手作りしたいなんて人もいると思います。

あくまでも、私の場合の10のリストにはなりますが、他の妊婦さんの役にも立ってもらえたら幸いです。