✩*⋆miracle of love⋆*✩

ゆとり日本人妻×ミレニアル英国人夫が初めての出産・育児に奮闘する軌跡

【ブログ開設から1カ月】まさか一発で!?Googleアドセンスに審査通過した私が注意したポイント

f:id:miracle-of-love:20180902093054j:plain

ブログを始めてから1カ月ちょっとが過ぎた時点で私は思い切ってGoogleアドセンスに申請してみることにしました。

結果は、なんと申請から2日後にGoogleから審査通過のおめでとうメールが届きました。

ネット上では、審査通過に関する様々な情報や憶測で溢れ、中には何度も審査落ちした方の情報まで。。審査通過のためには何が正解なのかがよくわからず尻込みしていたので、こんなに早くポップコーンメールが届くなんて!と驚きました。

 

今日は、審査通過時の私のブログの状況と審査に当たって気を付けていたポイントをご紹介します。

 

私がブログに広告を貼る理由

私は、ブログを始めるにあたってGooleアドセンスに合格することを、まずは一つの目標にしてきました。

巷には、ブログで高額な収入を得ている有名なブロガーさんたちがたくさんいらっしゃいます。私も彼らのように収入とまではいかないまでも、微々たるおこずかい程度に収益を得られたらいいな‥という下心はもちろん否定できません。

 

しかし、一番の目的は広告を貼ることでブログを続けることにモチベーションを見いだせる思ったからです。自分が書いた記事の価値が、広告収入として数字に表れるのであれば、誰かの役に立てる質の高い記事を書くモチベーションになります。

 

私は以前、無料ブログを数年間続けていたことがあったのですが、書いても書いても、ただの自己満足の日記で終わってしまい(最初はそれでいいと思っていたのに)、徐々に何か物足りなさを感じ退会してしまったことを今、すごく後悔しています。自己満足であれ、あの頃のブログもあの頃の自分にとっては必要であり大切な記録だったからです。ただ、あの時感じていた物足りなさは何かと考えた時、今後は自分にとってはもちろんのこと、他の誰かが読んでも何かしらの価値があるようなブログを書いていきたいなぁという目標ができました。

 

私が何かに困ったとき・問題に直面した時にどうするのか?と振り返れば、どんな書物を読むよりも、まずはネットでググっていつも誰かが書いたブログ記事に助けられたことが多かったのです。もちろん、ネット上には信ぴょう性にかける情報もたくさんありますが、それでも私と同じことで悩んでいる人・同じ困難を経験した人による言葉が何よりも救いになったことは確かです。

 

ちょっと大げさなことを書いてしまいましたが、単なる日記よりはどんなに小さなことでも私が書いた言葉が誰かへの情報発信になれば幸いです。

 

Googleアドセンス審査通過時のブログ状況について

 私がGoogleアドセンスに申請したのは、ブログを立ち上げてから約1カ月経った2018年8月28日。

その時のブログの状況は、

 

  • 独自ドメイン(はてなブログpro)
  • ブログ内容:国際結婚・妊娠や子育て、幼児教育に関する情報
  • 記事数:19記事
  • 1記事の文字数:2000~4000字
  • 他のアフィリエイト:Amazonの広告あり
  • 外部リンク:あり
  • 画像:あり
  • 1日のPV数:50PVあるかないか…

 

審査通過のメールを受信したのは、申請から2日後の2018年8月30日でした。

一次審査通過はなく、いきなり噂のポップコーンメールが届いたので驚きました。

 

Googleアドセンス合格に向けて気を付けたこと

お問い合わせフォームとプライバシーポリシー

お問い合わせフォームプライバシーポリシーを設置するべきだという情報は有効だと判断したので、まずはこの2つを設置しました。広告主側としても、サイト運営者側の連絡先が明記してある方が信頼性もありますし、プライバシーポリシーの設置もgoogleアドセンスの必須コンテンツとして明記されています。

 

プロフィールとブログの主旨の説明

広告主にとっても、ユーザー(読者)にとってもどんな人間が記事を書いているのか知った方が信頼性があるので簡単なプロフィールページを作成し、ブログの主旨もそこで説明しています。記事をできるだけ、ブログの主旨からぶれないコンテンツにすることも気を付けていました。(例えば、タイトルと記事の中身がぶれていないかどうか等)

 

画像は著作権違反のないように気を付ける

記事の見栄えやわかりやすさを求めるには、やはり画像は欠かせないと思ったので記事中には画像を少なくとも一記事1枚は貼っていました。

自分で撮影した写真もしくは、フリー素材を使用し、素材元の明記が必要な場合は、リンクも貼りました。

 

アフィリエイトリンクは必要なものだけ貼る

私は他にAmazonのアフィリエイトも利用していたので、正直、Amazonの広告を貼ったまま申請するかどうかは悩みどころでしたが、書評の記事などでどうしても見た目が寂しいと思ったので結果的に貼ったまま申請しました。

明らかに不必要にベタベタ貼るという行為がなければ、問題ないのでは?と思いました。(あくまでもこのブログの場合ですが)

 

コンテンツの質を高める努力

私は記事を書くにあたって、大体一つの記事に少なくとも3時間ほどかかってしまいます。

引用元を明記したり、正しい情報なのかどうか何度もチェックしたりとコンテンツをできるだけ詳しく、わかりやすくすることに意識することによって信ぴょう性の高い記事を目指したいからです。

そうなると、どうしても記事数は少なくても2000字を超えてしまうのですが、それでもできるだけ人のためになるような内容であること・ブログの主旨とぶれない内容であることを意識すると自然にボリュームも増えます。

 

中には、申請の段階で30記事以上は必要だという情報や一つのカテゴリーに記事は3つ以上必要だという情報を見かけましたが、私が申請した段階で19記事で、もっと少なくても合格した方もいらっしゃるので、問題はコンテンツの中身なのではないかと思いました。

 

Googleアドセンスのコンテンツポリシーに違反していないかどうか

私は審査に当たって、この点を一番気にしていました。

Googleアドセンスには、コンテンツに関して禁止コンテンツが公表されているのですが、それがとても厳しいため、禁止ワードを確認しながらブログ記事を慎重に作成しなければなりません。

 

これからチャレンジする方は、ぜひ以下を熟読してみてください。

禁止コンテンツ - AdSense ヘルプ

 

その禁止コンテンツ事項(アダルトコンテンツ)の一つに、

成人向けサービス、性的サービス、出会い斡旋、コンパニオン サービス、性感マッサージを提供するサイトに Google 広告を掲載することは許可されません。これには次のものが含まれますが、これらに限定されません。

不倫や浮気、性行為を目的とする個人広告やサイト
エスコート サービス
国際結婚の斡旋
性的なマッサージ サービス

という記載があり、私はこの国際結婚の斡旋という部分にかなり不安を持っていました。というのも、当ブログは自分自身の国際結婚に結び付けて物事を説明する記事が多く、どうしても避けられないからです。

しかしながら、当ブログは一切国際結婚の斡旋に関与していないということと、出会い系の内容にも全く触れていないという点においては絶対の自信があったので、審査通過できたと思われます。

 

そして、これは審査通過直後に知ったことなのですが…

SNSを通して、妊娠に関することは禁止コンテンツに当たるのでは?という意見を頂戴しました。私は、そこに関しては全くの無知だったので改めて、情報提供してくださった方に感謝申し上げます。

 

そこで、もう一度禁止コンテンツ(アダルトコンテンツ)を熟読した結果、こういった記載がありました。

性的な助言、性的医療 性的な能力に関する助言を行ったり、性に関する医療サービスについて取り上げたりしているコンテンツに Google 広告を掲載することは許可されません。これには次のものが含まれますが、これらに限定されません。

・性的な能力を改善するためのアドバイス
・性感染症に関するディスカッションや画像
・妊娠、出産、家族計画についての性に関する医療アドバイス

当ブログは、妊娠に関する記事も現在進行形でメインで書かせてもらってるので、妊娠や出産に関する内容も禁止事項に値するのではないか不安がよぎりましたが、そもそもそこに関しては何も知らずに申請して審査に通過した結果を踏まえると、妊娠・出産に関する記事だからと言って違反にはならないようですね。

 

他のブログでも、多くの方が妊娠・出産に関するブログを運営されているので特に当ブログも問題ない範囲だと思われますが、とてもデリケートなカテゴリーなのでグレーゾーンなのかもしれません。

おそらく、妊娠や出産に関して、その医療的な治療法(妊活や産み分け等)がより具体的な記事になればなるほどポリシーの違反対象になる可能性があるのは言うまでもありません。

 

まとめ

ということで、今回はブログ運営に関する内容を書いてみました。一つの目標であったGoogleアドセンスに合格したことを励みにこれからも試行錯誤してブログ運営を続けていけたらと思っています。

最後まで、お付き合いありがとうございました。