miracle of love~ゆとり日本人ママ×ミレニアル英国人パパのキセキ~

ゆとり日本人妻×ミレニアル英国人夫が初めての出産・育児に奮闘する軌跡

イギリス人と日本人夫婦の子どもの国籍はどうなるの?〜日本で生まれた場合〜

f:id:miracle-of-love:20181220161042j:plain

出産して1ヶ月があっという間に過ぎ、2〜3時間おきに起きる息子の育児に追われているのもそうですが、出生届やら児童手当やら、帝王切開による高額医療費負担や保険の手続きなど事務的な作業に追われて忙しい毎日でした。

 

大事なことなんですけど、出産ってこういう事務的な作業も待っているんですね。

 

私たちは国際夫婦ということもあって国内の基本的な手続きに加えて、大事な確認事項があります。

 

それは、息子の国籍について。今日はそのことについて整理してみました。

 

日本国籍とイギリス国籍って両方必要?

イギリス旅行に行ったことがある方はご存知だと思いますが・・外国人がイギリスに入国するのってかなり時間がかかるんです。。

 

毎回、ヒースロー空港のイミグレにできた長者の列を見るたびに、ただでさえ長旅で疲れているのに、疲労と眠気に拍車がかかります。

 

夫婦で一緒の飛行機で来たのにもかかわらず日本のパスポートしかない私は入国に時間がかかり、夫を空港で1時間以上待たせることはよくある話。

 

今後、日本とイギリスを行き来する際に息子がイギリスのパスポートを持っていると便利だとつくづく思います。結局、私だけ入国に時間がかかるのは変わりないんですが。。

 

日本の国籍法では、『国籍を二つ取得している場合、22歳までに国籍を選ぶこと』と定められているので、息子が日本国籍とイギリス国籍の二つを所有する場合、将来的にどちらかを捨てなければなりませんが、イギリスでも日本でも息子にはビザを取ることに苦労して欲しくないので選択肢をできるだけ与えてあげたいというのは、おせっかいな親心でもあります。

 

そこで、イギリス人と日本人夫婦の子どもが日本で生まれた場合、日本国籍とイギリス国籍両方持てるのか、そしてイギリス国籍取得に必要な手続きはあるのかどうか調べてみました。

 

私は日本で出産したので、日本で生まれた子どもという前提で記事を書いています。

 

イギリスは国籍法が大変ややこしく、取得に関して様々な条件があり、イギリス国内で出産された場合や、配偶者がイギリス国籍を持っていたとしても配偶者の出生がイギリス国外である場合など条件によって結果が変わってくるのでご承知おきください。

 

私たち夫婦の場合

  • 妻は日本国籍
  • 夫はイギリス国籍(イギリス生まれイギリス育ち)
  • 夫は日本の永住権あり
  • 日本で息子を出産

 

3つのチェック事項

チェック1.「血統主義」or「生地主義」


世界の国籍法には、大きく分けて「血統主義」「生地主義」があります。

 

国際カップルの方は、まず外国人配偶者の国の国籍法がどちらなのかを確認してみてください。

 

「血統主義」・・・親がその国の国民であれば、子供は外国で生まれても、血統により親の国籍を取得するというものです。

 

「生地主義」・・・両親の国籍に関係なく、自国の領域内で生まれた子供には、その国の国籍を付与するというものです。

 

そのほか、「父母の一方が市民権を有するか、または国内に定住していること」などの条件付きで「生地主義」を採用している国もあります。

 

それぞれの代表的な国

※各国の国籍法は改訂されることがあります。大使館や領事館などで最新の国籍法を確認してください。

 

(1)父母両系血統主義の国
日本、アイスランド、イスラエル、イタリア、エチオピア、エルサルバドル、オーストリア、オランダ、韓国、ガーナ、ギリシャ、スウェーデン、スペイン、スロバキア、タイ、中国、デンマーク、トルコ、ナイジェリア、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブルガリア、ポーランド、ルーマニア など

 

(2)父系優先血統主義の国
アラブ首長国連邦、アルジェリア、イラク、イラン、インドネシア、エジプト、オマーン、クウェート、サウジアラビア、シリア、スーダン、スリランカ、セネガル、マダガスカル、モロッコ、レバノン など

 

(3)両系血統主義だが、条件付きで生地主義を採用している国
イギリス、オーストラリア、オランダ、ドイツ、フランス、ロシア など

 

(4)生地主義を採用している国
アイルランド、アメリカ、カナダ、グレナダ、ザンビア、タンザニア、ニュージーランド、パキスタン、バングラデシュ、フィジー、ブラジル など

 

参考:https://allabout.co.jp/gm/gc/313005/

 

チェック2.うちの子は日本国籍あるの?

まず、日本の国籍法は父母両系血統主義を採用しているので、両親のどちらかが日本人であれば子どもはどこで生まれようと日本国籍を取得できます。もちろん、役所に出生届は出しましょう。

 

よって、うちの息子の場合は母親である私が日本国籍をも持っているため、生まれながらに日本国籍を取得できるということになります。

 

チェック3.うちの子はイギリス国籍あるの?確認の仕方は?

 イギリスは血統主義と生地主義のどちらも取り入れているケースなので、少しやっかいです。

 

お子さんがイギリス国籍を取得できるかどうか確認する方法としては下記駐日英国大使館のHPで、質問に答えてみてください。

 

 

うちの子の場合・・・

 

1 When were you born?

-あなたはいつ生まれた?-

 

On or after 1 January 1983

 

2 Were you born in the UK or a qualifying territory?

-あなたはイギリスもしくは、イギリス領土で生まれた?-

 

No

 

3 Was one or both of your parents a British citizen 'not by descent'

-あなたの両親又は片親はイギリス国籍持ってる?(それって単に親や祖父母から継承したものじゃないよね?)-

 

‘Not by descent’ means that:

  • they gained British citizenship in their own right (not through their parents or grandparents)
  • they were able to pass their British citizenship on to their children

 

Yes

 
3つ目の質問の'not by descent'の部分は回りくどくてややこしいですが、重要ワードです。
 
簡単に言うと、『by descent =イギリス国籍を有する親のもとにイギリス国外で生まれた人 not by descent =イギリス国内で生まれた人 、もしくはイギリスに住んで永住権がある人』と捉えてみてください。
 
すると、私の息子の父親(つまり私の夫)はイギリス生まれなのでnot  by descentで、この質問の答えはYESというわけです。
 
結果、うちの息子は
 

You might be a British citizen 

-イギリス国籍持ってると思うよ-

 
という答えが出ました。
 
 
このように、両親もしくは片親がイギリス人だとしても、not by descentの親なのか by descentの親なのかどうかがネックになってきます。
 
じゃあ、私の孫の国籍はどうなるの?
 うちの息子の場合はイギリスで誕生したわけではないので、将来、息子の子ども(私の孫)がイギリス国外で誕生した場合、2つ目と3つ目の質問の答えはNOとなり、イギリス国籍は与えられないことになります。
 
つまり、私の孫がイギリス国籍を持つためには、息子がnot by descentのイギリス人女性と結婚するか、その子がイギリスで生まれることが条件となるんですね。
 
遠い未来のことなので、今後どうなるかわかりませんが。。
 

日本からイギリスへ出生届は提出しなければいけないのか?

上記で、うちの息子はイギリス国籍を生まれながらに取得しているだろうと判明したものの、イギリス大使館に対して出生届は提出する必要があるのでしょうか。
 
調べてみると、イギリス国籍取得に関して特にイギリス側に届け出は必要ないとのことです。
 
日本から息子のイギリスのパスポートを申請する場合も、特に出生証明書が無くても発行されるようです。下記のように駐日英国大使館のHP(出生届のページ)に明記されています。
 

You can still apply for a UK passport for your child even if you don’t register the birth in the UK.

https://www.gov.uk/register-a-birth 

 
しかし、イギリスへお金を払って出生届を出せば、証明書(a birth registration certificate)を発行できるとのことです。
 

Register a birth abroad - GOV.UK

 

・申請 150£
・コピーを希望する場合 50£
・返信用の送料 25£
 
印象としては、ただの高額な出生証明書という感じですが、英国大使館に問い合わせると、『今後、出生証明が必要になるケースもあるかもしれないので、持っていることに越したことはない』という曖昧な答えが返ってきます。
 
どうやら他の方のブログを読んでいると、イギリスのパスポートの申請の際に訳に立つそうなので、育児が落ち着いたら時間を見つけてイギリスへ出生届と息子のパスポートの申請をしてみるつもりです。
 
無事に発行されたら日本からの申請の仕方や必要書類についてを記事にしたいと思います。
 

 まとめ

  1. 日本の国籍法は父母両系血統主義だから両親のどちらかが日本人であれば子どもはどこで生まれようと日本国籍を取得できる
  2. イギリスは血統主義と生地主義のどちらも取り入れている
  3. イギリス人と日本人夫婦の子どもがイギリスで生まれた場合・・・日本国籍とイギリス国籍取得(条件によって例外あり)
  4. 子どもがイギリス国外(日本)で生まれた場合・・・
    両親または片親がイギリス生まれ又は永住権保持者ならnot by decent→子どもは日本国籍とイギリス国籍取得
    イギリス国籍の両親または片親の出生地がイギリス国外ならby decent→子どもは日本国籍のみ取得
  5. イギリスへの出生届も出せるが義務ではない。出生届を出さなくてもパスポートは発行されるが、出生証明書(a birth registration certificate)がある方がパスポートを申請する時にスムーズ。