miracle of love~ゆとり日本人ママ×ミレニアル英国人パパのキセキ~

ゆとり日本人妻×ミレニアル英国人夫が初めての出産・育児に奮闘する軌跡

2018年の漢字と読者の方々へ

f:id:miracle-of-love:20181228153850j:plain

今年も残すところ残り3日となりました。

 

私にとって2018年の漢字は何だろうかと考えてみると、やはりベタですが今年の漢字は『生』です。

 

初めての妊娠・出産を経験した2018年は、私にとってはとても大きな年になりました。

 

平成元年『生』まれの私が平成最後の秋に子どもを『生』むという偶然が、なんとも不思議で運命を感じています。

 

実は2018年が始まったころは、私は負のオーラ全開でした。

 

自分のキャリアの方向性や職場での人間関係で悩んでいた時期で、人間不信になって家に帰っては夫に泣き言ばかり吐いたり、

 

母に電話しては「東京なんか住みたくない!実家に帰りたい!」と電話して困らせていました。

 

メープルがお腹の中に来てくれたのはそんな矢先でした。

 

振り返ると不思議なことに妊娠してからの日々は毎日がキラキラとして喜びで溢れていました。

 

ふっくらした私のお腹を見て、職場で一度も話したことがなかった人たちから「今、何ヶ月?」と話しかけられたのをきっかけに部署を越えて何人もの人と繋がって仲良くなって一緒にランチに出かけたり、

 

既に先輩ママの人たちからは子育てのことを聞く機会が増え、たくさんのことを教えてもらったり、

 

疎遠になっていた友人と連絡を取り合うきっかけになったり、、

 

冷え切っていた私の心に人と交流することの楽しさや温もりが訪れました。

 

気がつけば私に冷たくする人が離れていき、メープルは温かく私を囲んでくれる人を呼び寄せてくれたと思っています。

 

だから、心を大にしてお腹の中にいた息子に「ありがとう」と毎日伝えていた私のトツキトオカ。

 

意地悪な人から「死ねば良いのに。」なんて嫌味を吐かれて始まった2018年だったけれど、「死ぬわけないじゃん」って今なら笑って言えます。

 

妊娠し『出』産を通して、かけがえのない存在が『生』まれ、大げさですが最後には私に『生』きる喜びを教えてくれた忘れられない2018年となりました。

 

また、メープルはブログを始めるきっかけも与えてくれました。

 

ここはメープルが生まれてくるまでの間に育児のことや夫婦のこと、たくさんのことを考えて整理するのにもってこいの私の憩いの場所でした。

 

自分の思いや経験したことを文章にすることだけでなく、誰かのブログを通して価値観や体験、知識から学べることがたくさんあって、とても充実した時間を過ごすことができました。

 

個人的な日記の要素とハウツーの要素を両方大事にしたブログにしたいと思っているので、そんなに需要はないかもしれませんし記事を拡散するのが下手なので、まだまだ読者数もアクセス数も少ないですが

 

はてブやtwitter、ブログサークルを通して『いいね』やコメントをしてくださった方々、一度でも私の記事を読んで共感してくださった方々、本当に本当にありがとうございました。

 

2019年も家族3人で少しずつ成長していく軌跡を残せたらと思います。