✩*⋆miracle of love⋆*✩

ゆとり日本人妻×ミレニアル英国人夫が初めての出産・育児に奮闘する軌跡

生後2ヶ月!息子の顔が変わった件&私が里帰り出産してよかった意外な理由

今日でメープルが生後2ヶ月を迎えました。

 

体重は生まれた直後よりも2kg近く増えて、すくすくと成長しています。

そして、とにかく頭が重い!笑

いつの間にか、指しゃぶりを覚えたり手足のバタバタも力強くなってきたり、「アー」「ウー」と喃語を話したりと、どんどんできることが増えていく度に嬉しくて愛情が増します。

 

生後2ヶ月目のタイムスケジュール

まだ日によって生活リズムにバラつきはありますが、昨日のタイムスケジュールはこんな感じでした。

 

◆生後2ヶ月目のタイムスケジュール◆

24:00 授乳+ミルク

ーねんねー

5:00 授乳

ーねんねー

7:30 起床させて授乳

ーねんねー

10:30 授乳

ーねんねー

13:30 授乳

ープレイタイムー
ーねんねー

18:00 授乳

ープレイタイムー

20:00 入浴+授乳+ミルク

ーねんねー

22:30 授乳

ーねんねー

 

努力の甲斐あってこの数日で、ベビーベッドでも夜もまとまって眠れる時間が増えてきて、だんだんと夜中の授乳の回数が減り楽になってきました。

 

抱っこ大好きマンなので、まだまだ抱っこじゃないと寝ない子ですが、寝床で一人で眠れる回数も少しずつ増えてきて、なんだか楽になった反面、『こうやって親の元を離れていくんだなぁ。』なんて早くも寂しい思いです。

 

お腹を空かせたらその度に授乳してあげたり、機嫌悪くなってだっこしてほしそうな時はしばらくしてあげています。

 

日中ご機嫌な時は、天気が良ければ外に出かけたり英語のDVDを見ながら一緒に歌を歌ったり絵本を読んだりして過ごしてます。

 

問題の昼夜逆転の改善のために、いろいろ努力はしているところです。

まだ完全に改善できたわけではないですが、下記のことを続けて随分と夜もまとまって眠れるようになりました。

 

◆昼夜逆転を改善するために努力したこと◆

  • 朝7:00くらいには寝ていても起こしてあげる。
  • 部屋のカーテンを開けて陽の光を入れ、それでも暗い時は電気をつけて部屋の中を明るくする。その後、寝室から違う部屋に移動。
  • 午前中は寝たいだけ寝かせるが、午後からはできるだけ起きているように一緒に遊んだり、天気が良ければお散歩に出かける。
  • 夕寝はさせるが、沐浴の時間は20:00と決まった時間に入れる。
  • 沐浴後はミルクを飲ませて電気を消した寝室に連れて行く。
  • 日中は母乳で夜中は腹持ちが良いのでミルクのみにする。

 

顔変わった!?観察キロク

メープルは、生まれた頃から不思議なことに時間帯や日によって顔がよく変わる子でした。

 

お産の直後、初対面した時のメープルの第一印象は、色白な肌でしたがミックスということを忘れるくらいアジアンな顔立ちで特に目の形が私ソックリ。

 

「ママ似だね!」って家族でも言ってて私は心の中で『よっしゃー』ってガッツポーズだったんですが、お世話をしているうちにあることを発見・・・。

 

眠る直前や起きた直後になると顔が欧米化、つまりパパ似に変化するという不思議な現象が起こり、家族みんなで大爆笑でした。

 

f:id:miracle-of-love:20190120182641j:plain

 

眠たくなると目が一重からぱっちり二重になるので、二重になれば「あー、眠たいからこの子もうすぐ寝るな。」とかぐっすり眠ってる時にチラチラ二重が現れ始めたら「あ、もうすぐ起きる!」ってわかっちゃうんです。

 

メープルが眠たいモードになる度に、家族でタカ&トシでお馴染みの「欧米か!」っとよくつっこんでいました。←古

 

年明け頃から、だんだんと左目だけ二重になる時間帯が長くなり、生後2ヶ月になった今では左目だけ安定して二重のままになりました。

 

一重だろうが二重だろうがどっちでも良いんですがちょっとバランスが心配。。

 

なので、顔の左半分がパパ似で右半分がママ似って顔になって面白いです。

 

f:id:miracle-of-love:20190121004515j:plain

 

他に変化したことといえば、、髪の色が黒色から茶色っぽい色に変わってきました。

 

まだかなり薄毛なのでわかりませんが、もう少ししたらダディのように天パーが現れるのかどうかとドキドキしてます。

 

まつ毛もかなり伸びました。カールもしてるので明らかにダディ似。

 

こんな感じで、色々と顔の変化を観察するのも育児中の楽しみの一つでした。

 

今後は、どんな風に顔って変わるんだろうなぁって今から楽しみです。

 

里帰り出産してよかった意外な理由

妊娠中からの長い4ヶ月間の里帰りも、もうすぐおしまいです。

 

いよいよ、来週はいよいよメープルとの東京生活スタートなので、夫とまた一緒に過ごせるのは嬉しいんですが、産後の2ヶ月間は特に実家の家族にたくさんお世話になっていたので正直『東京で子育てやっていけるんだろうか。』と不安の方が大きいです。

 

私は里帰り出産を選びましたが、本当にしてよかったと思っています。

 

そう思えた一つ目の理由は、やはり実家の家族による全力のサポートがあったからというのは言うまでもありません。

 

で、二つ目の理由なんですが、、 

 

よくブログを拝見していると里帰り先の実家での家族と育児方針の違いによるトラブルで後悔されているママたちも見かけます。いわゆる、産後クライシスですね。

 

産後のママは、ただでさえ疲れているのに情緒不安定な時期でもあるので普段気にしない一言にも傷ついてしまう状態です。。

 

私が産後クライシスや育児ノイローゼにならなかった理由は、母の性格がとてもおおざっぱだったからです。笑

 

産院に入院中、助産婦さんによる指導が厳しくて心が折れそうだった私は、母に授乳量や授乳間隔についてやオムツ替えのことなどあらゆることに関して「お母さんが子育て中は、どうしてた?」って数え切れないくらい質問をしました。

 

その度に、母は「そんなこと、テキトーテキトー!」と笑い飛ばしました。

 

「授乳量や授乳間隔をいちいち気にしてたら育児なんてやってられない。泣いたら乳やる!以上!現に子供達が3人とも立派に育ったでしょ。」と。

 

初めての育児で不安な気持ちで押しつぶされそうだった私は、母のこの言葉のおかげで一気に肩の力が抜けました。

 

『適当』という言葉って、時には良い意味にも受け取れるんです。

 

細かく育児に関して口出しをしたり、生真面目な性格ではない母がそばにいてくれたからこそ自由にできて、いちいち正解を求めて悩まずに済みました。

 

もちろん、母には子育てや保育士経験によるアドバイス的なことは散々教えてもらったので、その点でも心強い存在でした。

 

そういうわけで、私が里帰り出産をして良かった一番の理由は母の性格でした。笑

 

もうすぐ東京での育児生活が始まりますが、妊娠中からを含めこの4ヶ月間のおかげで私は育児に前向きでいられたので家族には感謝しかありません。