miracle of love~ゆとり日本人ママ×ミレニアル英国人パパのキセキ~

ゆとり日本人妻×ミレニアル英国人夫が初めての出産・育児に奮闘する軌跡

0歳児からの英会話教室は早すぎるのか?体験レッスンへ行ってみた

f:id:miracle-of-love:20190405201001j:plain

メープルはもうすぐ4か月になります。先日、ブログで「語りかけ」育児についての記事でも紹介しましたが、日本語の土台をつけるために、私は日本語を中心とした息子とのコミュニケーションを心掛けています。

しかし、バイリンガル育児を視野に入れている中でメープルとの英語でのコミュニケーションの取り方に悩んでいるところです。

 

イギリス人のDaddyは、英語が母語ではありますが、テンションが高くて元気な英会話講師に向いたタイプの人間ではなく、寡黙な人なのでメープルに対してもそれほど英語でペラペラ話しかけません。

言葉が通じない赤ん坊にどう接したら良いのか分からず大きな片思い状態といった様子で、まだまだ息子とのコミュニケーションがぎこちない感じです。

 

そこで、メープルが3か月に入ったころに一緒に親子参加型の英会話教室Aの体験レッスンに参加してみることにしました。

0歳から英語教室に通わせたい理由

0歳3ヶ月で、英語レッスンなんて早すぎるかなぁ‥。

とも思いましたが、私は息子の早期教育として英語レッスンへ通わせたいわけではなく、日常的にメープルに「英語に触れる」機会を与えること、今後児童館など行く前にいろいろな人が集まる場所に慣れることが目的なので、有名私立小学校を受験するなどが目的のガッツリお勉強するレッスンなら興味はありません。

 

私自身も自宅にこもりきりではなく、外に出て気分転換になって英語育児に自信が持てるようになるかもしれない点でも興味がありました。

 

それから、興味深いのは0歳児の赤ちゃんのヒアリング能力の高さです。

子どものヒアリングの力は私たちが思っている以上であり、生まれてしばらくの間は日本の子どもでも英語の「r」の発音と「l」の発音をしっかりと区別できるそうです。しかし、1歳近くなると日本語にはその区別は必要ありませんので、その能力は次第に消えてしまうと言います。

ー『0・1・2歳児からのていねいな保育<第3巻>ていねいな実践のために』井桁容子 汐見稔幸 著ー

こういった専門家の意見もあるので、0歳のうちからいっぱい英語に触れると1歳を過ぎても抵抗感なく英語を楽しめるのではないかと思いました。

 

いざ、体験レッスンへ

0歳0ヶ月から通えるという珍しい英会話教室Aでは、モンテッソーリ教育を取り入れたレッスンカリキュラムが組まれているのが特徴とのこと。実際に体験したレッスン内容とレッスン費用、感想をまとめました。

 

体験したレッスン内容

参加した体験レッスンは、1歳~3歳向けのコースでした。メープルにとっては少し年上のお姉ちゃんとお兄ちゃんがいるクラスです。

実際に体験レッスンに行ってみると、教室にはすでに入学している他の赤ちゃんやその親御さんがいて、外国人の先生が元気よくメープルにあいさつして話しかけてくださいました。

 

レッスン(40分間)の流れ

始まりのあいさつ&歌

「What's your name?」「How are you?」「How old are you?」「Do you like~?」などの質問の受け答えの練習
英単語のフラッシュカード(数や天気や動物)をタッチしたり歌をうたって練習

 スナックタイム5分(授乳やミルク、麦茶、スナック)

ゲームタイム
動物の体の部位をあてるなど各月によって変わる
クレヨンを使ってお絵かきしながら色を覚える

終わりのあいさつ&歌

 

体験レッスンでは外国人講師1人+アシスタントの日本人講師1人、内容は歌やダンス、体操を取り入れながら基本的に体を動かしながら楽しく英語を学ぶと言う時間で、一人でお座りできないメープルは私の膝の上でレッスンを受けました。

 

3か月だと、もちろん発語ができないので英語の受け答えはママがしますが、2歳くらいの他のお子さんは、しっかり自分で英語による受け答えができていました。

タッチや体もまだ自由に動かせないのでお絵描きの時間など、ママが手を握って誘導して動かしてあげます。

f:id:miracle-of-love:20190319002219j:plain

Designed by Pressfoto

 

メープルにとっては初めて他のお友達がいて賑やかな場所に来たので、途中から泣き始めました。先生いわく、新しい環境に驚いているだけだから慣れたら大丈夫だと言ってくださいましたが、メープルが泣きだすと他のお子さんも気になって集中力が途切れてしまうのではないかと言う罪悪感もあり、私は始終メープルのご機嫌を保つのにハラハラして正直英会話どころではありませんでした。

 

ギャン泣きした時は、立ち上がってあやしてあげると泣き止んだのでレッスン後半は泣かずに頑張りました。その間、先生は「ママ、大丈夫よ!びっくりしてるだけだね!」と気にかけてくれました。

 

モンテッソーリ教育を取り入れた特別カリキュラムということでしたが、そもそもモンテッソーリ教育のことや他の乳幼児向けの英会話教室がどんなレッスンをしているのか無知の状態だったので比べることはできません。それでも、レッスンの流れとしては、いたってスタンダードのように思いました。

 

体験レッスンのあと、ベビーコース(対象年齢0~1歳児)を薦められましたが、メープルの他に0歳の生徒さんがまだいないとのことで、しばらくは私たち親子貸切のレッスンになるそうです。

 

その英会話教室自体、ベビーコースは久しぶりとのことで一抹の不安もありますが、他に通える教室もなさそうなので、しばらくこの英会話教室に通って様子を見ようと思います。月に2回からはじめて、メープルの反応を見て週1で通ってみるかもしれません。

 

後日、0歳児向けサービスレッスンへ

最年少の赤ちゃんクラスの体験ということで、別の日に改めてサービスレッスンをしてもらいました。

 

0~1歳児向けのベビークラスでは、レッスンの後半に赤ちゃんとのスキンシップをはかりながら育児に関するロールプレイをする時間がありました。例えば、授乳やおむつ替えをするときの語りかけ方などの練習ができます。

f:id:miracle-of-love:20190319002120j:plain

Designed by Yanalya

 

生徒が私たち親子だけだったこともあり、この時はメープルは最後まで泣きませんでしたが、後半はちょっとぐずり始めました。

 

1回目の体験レッスンにはなかった育児に関するロールプレイは私にとっては有意義な時間で、レッスンで習ったフレーズを自宅で取り入れてメープルとコミュニケーションを取れたら良いなぁと思いました。

 

費用 について

高いととるのか安いととるのかはまだわかりませんが、後々判断できると思います。ちなみに、外国人講師のレッスンを受けたら次のレッスンは日本人講師というように交代で入れ代わるリレー式。

 

レッスン費用(税別)

料金は、月2回5,000円/月+入学金 約1,3000円+教材費 約9,800円/半期+施設費約4,800円/半期

 

感想~良い面と悪い面~

良いと思ったところ

何と言っても、0歳から通える英語教室Aが家から徒歩圏内だというところと息子とスキンシップをはかれる時間が多くお勉強に特化していないカリキュラムの面は気に入りました。

 

  • 家の近所(徒歩10分圏内)
  • 0歳0か月から通える
  • 英会話教室の中では料金が安め(月2回¥5,000円/月)
  • 子どもとスキンシップがとれる
  • 歌やダンス多め
  • フォニックス(音声指導法)を取り入れている

 

気になったところ

気になった点は、外国人講師の質はともかくレッスンをしてくださった日本人講師の英語力です。高い声でゆっくりはっきりと発音してくださって、とてもわかりやすかったのですが、素人の私でもわかるような「え?」と思うような間違った英文を使った時があったり、レッスンの時間を10分勘違いして早く終了しそうになったり‥。『大丈夫かな?』と思ってしまいました。講師に関しては後で変更もできるので様子見です。

 

赤ちゃんにとって40分という時間を何かに集中するのは、おそらく長いと思います。

乳幼児向けの英会話講師のスキルは、英語力だけじゃなくて子どもの集中力を保つスキルも必要になってくるのだと実感しました。

集中力がとぎれた子どもたちにやる気をもたせるのって、けっこう難しいと思います。体験レッスンのときも何度か走り回ったりするお子さんがいてカオスな状況のときもあったので。赤ちゃんにも慣れた人じゃないと、ぐずった時の冷静さも違うと思います。

 

 授乳やおむつ替えをする時間をいただけますが、私としては最後まで気が抜けません。

 

月に2回だけというのも圧倒的に少ないので、家庭でいかにレッスンで学んだ英語を自然に取り入れるかが課題です。

 

  •  担当の日本人講師の英語の質
  •  40分間息子の集中力がもたないかもしれない
  • 月に2回(1回40分)で効果があるかどうか

 

まとめ

0歳児からの英語教室は早すぎるのか?についてですが、その結論を出す前に早期教育が目的で通うのではなく赤ちゃんとのスキンシップを楽しむことができないと赤ちゃんにとってもママにとっても苦痛かもしれません。実際に体験レッスンをしてみて英語を学ぶ場というよりも英語を使って赤ちゃんとコミュニケーションがとれる場と捉える方がしっくりくる気がしました。

 

4月から本格的にメープルは英語教室デビューするので、またレッスンの様子や気が付いたことも記事にしていきたいと思います。